刺身の日*8月15日

刺身の日・・・
1448(文安5)年、刺身が初めて文書に登場した。
室町時代後期の書記官・中原康冨の文安5年のこの日の日記に鯛なら鯛とわかるやうにその魚のひれを刺しておくので刺し身、つまり「さしみなます」の名の起りとあり、これが初めて文書に登場する刺身に関する記録とされている。

親に会いにいこうの日・・・
大阪府大阪市に本社を置き、「還暦祝い本舗」「プレゼント本舗」「手元供養本舗」などのサイトでメモリアルギフトの販売を手がける株式会社ボンズコネクトが制定。核家族化が進んで親と会う機会が減少している今、親に会うきっかけの日としてもらうのが目的。日付は8月15日を0815として「親(08)に会いにい(1)こう(5)」と読む語呂合わせから。

終戦の日・戦没者を追悼し平和を祈念する日・・・
日本で、1945年8月15日の正午に、天皇による終戦の詔書のラジオ放送(玉音放送)が行われ、国民にポツダム宣言受諾が伝えられた。1963年以降、毎年この日に「全国戦没者追悼式」が行われる。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena