うるしの日*11月13日

うるしの日・・・
平安時代に文徳天皇の第一皇子・惟喬親王が京都の法輪寺に参詣した時に「うるしの製法」や「漆器の製法」を虚空蔵菩薩から伝授されたという伝説から、その満願の日である11月13日を「うるしの日」に制定した。

茨城県民の日・・・
明治4年旧暦11月13日(1871年12月24日)、廃藩置県によって茨城県の名称が初めて使われたことに由来し、茨城県が1968年(明治100年にあたる)に制定。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena