自分色記念日*10月16日

人と色の日・自分色記念日・・・
人が生まれながらに持つ髪や目、肌の色などと調和して、その人にいちばん似合う色が自分色(パーソナルカラー)。個性を引き立て、魅力を引き出すパーソナルカラーの効果的な活用法などを提案する一般社団法人日本カラリスト協会が制定。日付は10と16で「ヒトイロ=人色」と読む語呂合わせから。

グリーンリボンDAY・・・
家族や大切な人と「移植」のこと、「いのち」のことを話し合い、お互いの臓器提供に関する意思を確認しておく日にと、公益社団法人 日本臓器移植ネットワークが制定。日付は「臓器移植法」が施行された1997年10月16日に由来する。また、10月は「臓器移植普及推進月間」でもある。名称は世界的な移植医療のシンボルであるグリーンリボンにちなみ、グリーンは成長と新しいいのちを意味し、リボンは臓器提供者(ドナー)と移植が必要な患者(レシピエント)のいのちのつながりを表現している。

ボスの日・・・
1958年に、アメリカのパトリシア・ベイ・ハロスキ(Patricia Bays Haroski)が、会社を経営していた父のために、経営者と部下の関係を円滑にする日として提唱し、アメリカ商業会議所に登録されたことが始まり。
アメリカではこの日に、ボスを昼食に招待したりプレゼントを贈ったりして日頃の労をねぎらう。
日本でも1988年からデパート業界が実施している。

世界食料デー(World Food Day、国際デーの一つ)・・・
1945年10月16日に国際連合食糧農業機関 (FAO) が設立されたことを記念して、1981年に制定。
発展途上国などでの食糧不足や栄養失調、飢餓について考える日。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena